漕ぐ

現在、このカテゴリーは自転車関係の事に関して紹介していきたいと思います。
(補足: カバー写真は100%ノーマル車です。普通に乗るためにはいくつか追加する必要がありますね。)

 

自転車歴
・フラッシャー付き自転車
・ロードバイク -夏の金沢
・ミニベロ-DAHONの20インチ

・ミニベロ-フルサスMTB-ルイガノ、LGS-MV 5FS 2014年モデル

・2017年4月28日 ミニベロ-BESV PSA1 (2017年3月15日 発売)

 

作成日時 2017-05-02 00:43, 更新日時 2017-05-15 02:22


最近(2017年5月頃)は、自転車は町での足としてのミニベロ関係をうろうろと乗り継いでいました。が、先日乗ったアシスト付き自転車のBESV(ベスビー) PSA1に惚れ込み購入してしまい、自転車の世界に再々再々参入です。

この新しいPSA1以前のアシスト付き自転車の印象はママチャリを単にアシストしているごつい自転車、または、高級なロードバイクに付いている感じ(ロードレースで問題となりましたね)でした。ほんと、私に取っては使えない自転車というがアシスト付き自転車の印象でした。

PSA1はBESV社のPS1のエントリーモデルとして価格を抑えて航続距離を伸ばしたバージョンです。

この文書を書いている段階(2017年5月2日)での私の走行距離は70km程度です。

が、今までの自転車の乗り方と違って「坂」の概念がかなり変わり「坂」を躊躇する事無く登るようになりました。結果、行動半径は「距離」+ 「走れる道」となって、今まで行くことの無かったエリアにトライしています。


【BESV PSA1 一般的な特徴/情報など】
 
詳しくはメーカーのホームページを参考に。
BESVのWebPage
http://besv.jp/
Facebook

https://www.facebook.com/besvjapan/

PSA1のWebPage
http://besv.jp/products/psa1/
CM (のん)
http://non.besv.jp/
 

広島では何処で販売? (広島で唯一の代理店)
エディオン蔦屋家電 1Fの「モトベロ広島」で扱っています。
http://www.motovelo.co.jp/store/
駅から蔦屋家電1Fに入ると直ぐに右側に展示しています。お店は奥の右側です。

 
さて、
PSA1は2014年にグッドデザイン賞を取った「PS1」のエントリーモデルと言われています。
 
・10.5Ah(36V)のバッテリーを搭載して最大航続距離90km(MODE1時)
・前後のサスペンション
・前後のディスクブレーキ
・軽量アルミフレーム
・3つアシストモード&スマートモード
・重量 19.5Kg
・販売価格 199,800円(税込み)



私の印象は、日本のメーカーはアシスト付き自転車の分野としては作っているのですが、新しいスタイルのアシスト付き自転車は、ドローン同様に部品供給にとどまっていると言うのが印象です。理由は様々だと思いますが海外のメーカーと戦えるようになって欲しいと願っています。周りに良いよと押し売り(メーカー/販売店とはナンの利害関係も無いので、我が道を進みます)もやりそうです。

私は次世代のアシスト付き自転車が出るまでの間、当面はPSA1でうろうろしたいと思います。