電源まわりのテストなど(途中版)

電源まわりで気になったことを書いてます。

EPS8266を使用したボードの電源関係をいじった内容です。

 

注意: この内容は、テストも記事も途中です。また、不定期に内容が更新されます。

注意: 消費電流を測定した内容を追加予定です。

 

更新履歴:

  • 2016-04-22 01:30 最初の公開

作成日時 2016-04-22 01:04 更新日時 2016-04-29 04:38


・基本構成

 

 次のような構成でテスト

MacPro 2013

OS X 10.11.4

WaveForme 2015

・ブレッドボードTYPE-A : 

  ・USBシリアルIF: (ESP-WROOM-02開発ボードに組み込み)

  ・EPS-WROOM-02: スイッチサイエンス ESP-WROOM-02開発ボード

https://www.switch-science.com/catalog/2500/

・LEDをいくつか: 1つだけ10msでOn/Offを繰り返す(Arduinoコードを参照)

・LCDディスプレイ: 未使用

・温度センサー: 未使用

・ブレッドボードTYPE-B : 

  ・USBシリアルIF: 秋月電子通商 FT232RL USB シリアル変換モジュール

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-01977/

  ・EPS-WROOM-02: Board1 ver.1.0

https://www.switch-science.com/catalog/2696/

http://jiwashin.blogspot.jp/p/esp-wroom-02-board1.html

・4*4 LEDマトリックス: 未使用

・128*32 OLED: 未使用


・テストプログラム (Arduino)

 

#include <Arduino.h>

#include <ESP8266WiFi.h>

 

#include <Ticker.h>

 

#define appDates    "2016-04-17 01:39"

#define appInitMsg  "A10 Objs.,Inc."

 

volatile static int   serialPortSpeeds = 115200;    //  PCのシリアルポートのスピード   921600 or 115200

volatile static bool  serialPortOutput = true;      //  PCのシリアルポート出力設定    false:off, true:ON

 

 

//  PIN 定義

const int PORT13_LED        = 13;

 

//  変数 定義

Ticker ledTicker;

 

void setup() {

  // put your setup code here, to run once:

  setupLEDBlink();

/*

 * WiFi.mode(m): set mode to WIFI_AP, WIFI_STA, WIFI_AP_STA or WIFI_OFF.

 */

  WiFi.mode(WIFI_AP);      //  

}

 

void loop() {

  // put your main code here, to run repeatedly:

 

}

 

 

// ********* LED Blink 関連 ******************************************

void setupLEDBlink() {

  pinMode(PORT13_LED,OUTPUT);

  digitalWrite(PORT13_LED,HIGH);

  

  ledTicker.attach(0.1, blinkLED);         //  割り込み設定 & 処理開始

}

void blinkLED() {

  if(serialPortOutput) Serial.println("ledTicker: blinkLED");

  int nextPinValue = LOW;

  nextPinValue = (digitalRead(PORT13_LED) == HIGH)? LOW: HIGH;

  digitalWrite(PORT13_LED,nextPinValue);

}

・テスト条件1 : USB 2.0 バスパワーのみで動作

 

  USB 2.0 セルフパワー対応 4ポートハブ

  SUNWA SUPPLAY 型番: USB-HTV410W

 

ブレッドボードTYPE-A 

・テスト条件1-結果


5vラインは、約4.4vです。

電圧降下はピークで約460mV、周期は約100ms(Wi-Fiモード時)。

 

・テスト条件2 : USB 2.0 セルフパワー電源で動作

 「テスト条件1 : USB 2.0 バスパワーのみで動作」と異なるのは、セルフパワー用の電源を接続したのみです。

 

ブレッドボードTYPE-A 

・テスト条件2-結果

5vラインは、約4.86v程度です。

バスパワー時と比べて若干高めです。

電圧降下はピークで約320mV、周期は約100ms(Wi-Fiモード時)で、周期はプログラムが同じなのでパスワート同じです。。

 

このときの電圧をマルチメータで測定すると次の通りです。

ここまででは、入力電圧が変化した時の電圧降下の関係は次の通りです。

(あまり参考にはならない?)

 

約4.4v -> 約460mV

約4.86v -> 約320mV

約4.9v -> 約230mV

 

なんか、5vラインの電力供給能力に左右されている?